【3】自動車も人も高齢化する時代のビジネスチャンスとは?(3/3)




新しい企画だけでなく、昔ながらのサービスにも活路があります。

私は特に「洗車ビジネス」を推したいと思います。それは、洗わなくても汚れない車はまだ登場しそうにないからです。ガソリン車がなくなりEV車に変わっても、自動運転が主流になっても、洗車は必要です。

セルフ化が進み、「いらっしゃいませ~!」の元気な声が聞こえる昔ながらのフルサービスの店舗は貴重な存在になりましたが、そのサービスが不要となったわけではありません。費用対効果や人手不足の問題なのです。

手洗い洗車は、見ていて気持ちが良いものですよね。車がキレイになることだけではなく、手洗いで洗車する風景自体に価値があると私は考えています。人手不足がさらに進むであろう将来、手洗い洗車は贅沢で価値ある商品になるかもしれません。既に家事代行サービスがありますが、洗車も誕生日などのお祝い事のギフトになったりするかもしれません。何よりも、汚れた車がキレイになると自然と笑顔が浮かびます。

今こそ、ビジネスチャンスを掴むときです。「洗車・カーコーティングの事業化にチャレンジしよう!」という事業者様、ぜひお気軽にお声がけください。


閲覧数:194回